2017年08月01日

時間と迷走

タイムマシンで過去へ戻って虫一匹を殺しただけで、未来は変わってしまうかもしれない。
一匹の蚊が誰かを刺して、その人の行動が変わるかもしれないから。
その過去というのが、”今の事”だったら、虫一匹どころか、未来を変えてしまうことが、あまりに多い事に気づくかもしれない。
どんなに辛い事があっても、それはその人にとって必要な事だった。そんな過去の話は多い。
その過去、というのが、また、今の事。
そして、変わるというのが、変らない、と同じである事も理解できるはず。
posted by musf at 01:45 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

メモ:PC

後後の為、PC不具合の記録。
HDを1台だけにしてみるかと、0側の接続を外す。1はWindows2000で、そのまま。
HDの音が変になり、エラー画面。
Windows2000を0側にして起動。しかし同様にエラー画面。
じっとり汗がでる;
元の接続に戻し、0側のWindowsXPを起動。正常。
1側のWindows2000を起動。正常。
HDの不具合もなし。何だったのか?接続不良かなあ。
夏場、暑くなるけど、一応、このままマルチブートで2台でいくことに。

しかし、ファンがうるさい。CPU過多になると、ドライヤーと同じような音に。
ファンが古くなってガタついてる。
CPUと電源のファンが問題なんだけど、一番うるさい電源ファンを交換することに。
古いPCからファンを抜き取って、比べてみる。
これの方がマシだな、と交換。
ソケットが違うので、ハサミでちょきん。
同じ12Vだから;
無事に動く。音も静か。
posted by musf at 04:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

(メモ)HDD交換

わが家のPCは、相変らず古いHP製のマシンに2台のHDDを乗せ、XPとW2000をデュアルブートして使っている。
XPが80GB、Windows2000が160GBという構成。
さすがにHDDの容量が問題で、20分も超える曲作ってるとwavで脹れ上がっていく。
この1曲で8GBを超えているし、他の曲も頻繁に修正したりするから、DVDに移し変えは、躊躇してしまう。
んで、遂に、容量を増やそうというのだが、問題はHDDがIDEであること。今のHDDはSATAでIDEは中古も殆ど無い状態。しかたなく、変換アダプターでやってみるかと決断。ちょいと半信半疑、本当に動くのかしら?
何年ぶりかという秋葉原のジャンク屋めぐりで、アダプター1個、SATAのHDD、300GB(日立1,500円)、160GB(SEAGATE、800円)を買ってきた。
昔、数万円で買ったものより、遥かに容量の大きいものが、この値段;時代は変わっているのね;
返品不可のものだけど、一応、データ消去とあるので、動いたと信じ、この値段なら、諦めもつく。
結果は、どちらも認識したが、日立の300GBはOSを入れてのブートが不可だった。理由は不明。SEAGATEは起動したので相性なのか、容量なのか、まあ、300GBはデータストック用にすればよいか。

今は、ギガ単位ではなく、テラの時代だけど、これは壊れた時の被害の大きさでもあるので、せいぜい2〜300ぐらいしか考えていない。160GBでも十分なので、XPの80GBをこれに交換して容量アップが完了。
HDDは作業台と考え、バックアップ用には他のHDDに復姓を作ることでOK。
そのうちDVDへ保存、というパターン。
posted by musf at 06:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

嫌々ながら

改憲で、
日本国民を日本国に変え、
天皇を国家元首、
国歌・国旗を義務づけ、
自衛隊は国防軍へ。

そう、はっきり言っているんだけど。
狂ってるとしか思えない。
posted by musf at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

TEST

配置のテスト。
posted by musf at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

soundclick不調

soundclick-radioが型枠だけで曲名表示されない。
鯖縮小でもしてるのかな。
(メモ記述)
13日、正常に。
posted by musf at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

Wavosaur(1.0.6.0)

Wavosaurが3年ぶりのアップデートをしていました。

02 - JAN -2012バージョン1.0.6.0
・バッチプロセッサの書き直し。
・ RAM使用量の最適化。
・メモリリークを無くす。
・ CPU使用率の向上。
・マイナーバグの修正。
・VSTプラグインの互換性を改善。
・ いくつかのVSTでクラッシュする問題を修正。
等々で、大きな変更はないようです。
posted by musf at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

壊れる

今度はPCのキーボード、一番左列のQAZ、ESC等が効かなくなる。
古いキーボードと替えてみたら打てるので、キーボード固体の異常と判明。
PCのキーボードって、安いのよね、秋葉原で数百円の代物だから、よく持ったものだと。
しかし、この古いキーボードも何か異常があったからこそ替えたのだと思うけど、何が悪かったのか忘れた;
今のところ、テストを兼ねてこれを打っているのだけど、問題なく打ち込める。
ノートパソコンなんかだと、キーボードの不良は致命的だけど、デスクトップの良いところは、周辺機器の安さですか。

マウスも、もう10年ぐらい使っている。何度か新しいのをと探したけど、馴染めないので古いのを使いつづけている。これが壊れると痛いなあ;
posted by musf at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

ヘッドフォンと音楽ジャンル

今日の朝日新聞で「売れる萌えるヘッドホン」という記事がありました。
ヘッドフォンの需要は右肩上がりらしく、世代的に身近な音響機器として慣れているのでしょうね。一昔前は、嫌いだという人は、けっこういたのだけど。

本題は、そんな事ではなく、この記事の右に選び方のコツというのがあり、その中で、
「クラシック向きの製品でダンス音楽を聴くなんて、あぜ道をフェラーリで走るようなもの」
というのがありました。某アーティストの言葉ですが。
なるほどなあ、と思う人が多いだろうし、そういう”風潮”があるのは事実でしょう。揚げ足を取ろうとするのは、私ぐらいかもしれないけど。

まず、決定的な誤解があるのは、クラシックとダンス音楽という違い、つまり音楽的な雰囲気、その違いです。方や静か、方や騒々しい、めっちゃ単純な紋切り型。
ヘッドフォンは、音を再生するのであって、音楽的雰囲気を再生するのではないと。
この誤解は大きいのではないかと思います。

バイオリンの弦の感触や、ハープの繊細さが、まるで再生できないダンス音楽用ヘッドフォンなんて無いでしょう。
立ち上がりの鋭いドラムやベースの音圧が表現できないクラシック用ヘッドフォンも、あり得ません。

ヘッドフォンに必要なのは、音なのです。音楽になるのは、人の脳が認識してからのこと。
でもね、それぞれの違いの証として”言いたい”という衝動があるのですわ;
posted by musf at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

また、たばこ増税

自分は、やめれば、それで済むことだけど、栽培や販売してる人たちは、どんな思いで増税のニュースを聞いているのだろう。ここまで、イジメ抜かれる、たばこって;;
ひとつには、禁煙する事が健康のための常識みたいな風潮。でも、それ以前に鵜呑みの刷り込みが嫌〜な感じなんだけどねえ。
そういう下地ができてるから、政府も、たばこ増税という看板が楽に提示できて、それ以外にやらなくてはいけない事も隠蔽できるし。
どこか、放射能汚染の風評被害とも似てるんじゃないか、健康のためなら、どんなに叩いても良いっていう。

先日のニュースで異常に高い線量の家が報道されたけど、そこで50年も暮らしていて健康だった、という事実も風評の力で吹き飛ばされてしまう。例外と済ましてしまうのは簡単だけど、似たようなことが、多く起こっているのに気が付くべき。
偉い人が言ってるから本当だ、というのではなくて、自分の頭で判断するべきでしょ。

多くの人が、報道や流行に踊らされて右往左往してる。今に始まったことじゃなくて、歴史を見れば解る事だけど、自分はどうだったのか、改めて考えてしまう。
posted by musf at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



END2