2018年05月26日

それは光なのか、闇なのか

優れた作品であれば、あるほど、その個人という範囲を超えて、作者本人さえ知らない世界へと導かれる。
posted by musf at 11:51 | Comment(0) | Music Creation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



END2