2018年05月24日

絵本「夜の木」//タムラ堂

夜の木、(シャーム/バーイー/ウルヴェーティ)青木恵都 訳

やっと買うことができ、手にとって眺めて、想像以上に素晴らしくて感動している。
手漉き紙に、シルクスクリーンで一枚ずつ刷られ、製本は手製本という形態なので、普通の印刷物とはまるで違う。

音楽もそうだけど、芸術作品って、やっぱり人なんだよね。
作者の心の奥に潜むものが形を求めて現われる。
見た目の綺麗さを踏み台にして瞬時に別世界へと誘う。

自分という狭い視野は、作品を通して壊され、多くの時間と空間を経て、
人間本来の感受性を取り戻す、その事が、人の心を豊かにするのだと思う。
posted by musf at 17:23 | Comment(0) | Music Creation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



END2