2018年12月20日

ヘッドフォンの片出しケーブルは是か非か

T70が片出しだったせいもあり、随分悩んでいた。
左右聴覚の違いもあるし、ほゞ聴覚上の差はないだろう。そう自分に言い聞かせてきた。
自分の耳では、左が強い。高周波が濁るわけではないが、空気感が透明で、音に対する集中は、つい左へ行ってしまいがち。

ちょっとした実験をしてみた。
片出しというのは、ケーブルが左ドライバへ最初に信号が到達し、その後、右へ行くわけだけど、右側は、その分、ケーブルが長くなる。
電気的な抵抗とかは詳しくないが、信号は同時ではないのだ。
それが許容範囲なのかどうか。人はそれほどの微妙な違いは認識できず、問題ないのか?
ということで、プラグの延長コードのような形式で、左側を50cm程長くするアダプターを作ってみた。

音は、変わった;;

多分、何がどう変わったかを説明するのが難しいのは、それだけ微細なものだからだと思うけど。
はっきり言えるのは、音の安定感のようなものに、ホっとしたこと。
たとえば、センターにくるボーカルがちょい左へズレて聞こえても、それで良いと納得できる。
クラシックのオケも調和のある音響空間に聞こえる。
自分の左右聴覚の違いとは別な問題が解消されたようなものか。

で、結論は、片出しはアウト!

当分は、今のまま聴いて、後に両出しに改造する。
右側ハウジングに穴を開けなくてはならない。
posted by musf at 03:59 | Comment(0) | Music Creation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



END2