2017年12月20日

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」

カルミニョーラ、ヴェニス・バロック・オーケストラ
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」
今まで聴いたことの無いような演奏で驚いてしまう。
バロック音楽は、独特な解釈があって、どうしても得意な人たちの演奏を聴きたいもの。
単に曲調が違うというのではなくて、何か染みついたものがあるのよね。
新しい演奏法なんて、そう赦されるものじゃなくて、その範囲みたいなものを想定して聴いたから、よけいに驚いたわけ。
カルミニョーラは凄い人だと思っていたけど、それでも過小評価、真に表現者だった。

1999年の録音らしいけど、この音も凄くて。
T70改になってから、高周波上げをしないで聴ける初めてのCD。
バイオリンの音は鮮烈で、やっぱり、ここまで高周波を上げないとリアルさは出ない。
自前リマスタは、間違ってなかったんだなと^^
それでも更に上げたけど;
posted by musf at 00:55 | Comment(0) | Music Creation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



END2